任意売却・競売不動産

任意売却と競売の違いを比較

住宅ローンの返済ができず、やむを得ず不動産を手放さないと行けなくなった場合、
任意売却と競売という売却方法がございます。

どうせ売るなら競売も任意売却も一緒という訳ではありません。

任意売却には、競売にはないメリットがたくさんあります。競売と比較してみましょう。

競売とは?

競売とは、住宅ローンなどの借入金を返済できなくなったとき、借入れの担保となっている土地や建物などの不動産を、裁判所を通して強制的に売却することをいいます。

売却された不動産の代金は、債権者へ配当されます。
競売の場合 比較項目 任意売却の場合
市場価格の7割前後の場合が多い 売却価格 市場価格に近い価格で売却できる場合が多い
裁判所やネットで公表される為、知り合いや職場に知られる場合がある プライバシー保護 通常の不動産売却と同様、事情を知られずに売却可能
引越費用など 持出し金 一切なし
任意売却よりも多く残る可能性が高い 残債 競売よりも高く売却できるため、競売よりも残債は少なくなる可能性が高い
一括での返済を求められる 残債の返済 相談により、無理ない範囲で分割返済が可能
不法占拠者として強制執行により追い出される可能性大 自宅に住み続ける 購入者との相談により、賃貸で住むことが可能な場合もあり
裁判所から明渡命令が出せるため、立退料が支払われるケースはほとんどない 引越費用 交渉次第で負担してもらえる場合もあり
所有権移転後は不法占拠になり、引越し日は自由に選べない 引越し日 購入者、債権者との相談し引越し日を設定できる
競売は所有者の意志は全く関係ない。プライバシーもない。 自らの意思 債権者との協議は必要ですが、通常の不動産売買と同じく、ご自身の意志で売却活動が可能。

任意売却は競売に比べ、より市場価格に近い価格での売却が可能です

任意売却の最大のメリットは、競売よりも高く売却できる可能性がある為、競売よりも残債が減ることです。

またプライバシーも保護される為、競売よりは任意売却をお勧めしております。

任意売却はご相談者様の意志で売却が進んでいきます

任意売却ができるか、競売になってしまうかで、不動産の売却価格には大きな差が生じます。
所有している物件が競売にかかる恐れがある方は、任意売却を真剣に検討する価値はあるかと思います。

任意売却の最大のメリットとしては、自分の意志で誰に、いくらで、いつまでにするかを決められるということです。

競売のように強制的に進んでいくことはありませんので、ご相談者様のご希望に沿った形で進めることができます。
また、高く売れればそれだけ残債が少なくなるのはもちろん、任意売却の場合は残債の返済方法(月々の支払額)も債権者との交渉で決めることができます。


もし返済が苦しくなってきた場合は、お気軽にご相談ください。

不動産のことであれば、無料でご相談を承ります。もちろん秘密厳守でプライバシーは保護いたします。
もちろん売却にいたらなかった場合、費用は一切かかりません。
お一人で悩まずにまずは不動産のプロにご相談を。
状況をお伺いした上で最善のアドバイス、ご提案をいたします。
お気軽にご連絡ください。
ページ上部へ戻る