太陽光設備付建物の売買

こんにちは!

今回は太陽光設備が設置されている建物についてです。

売買で所有が変わる場合、太陽光設備も名義変更する必要があります。
・設備認定
・売電契約
・メーカーの保証
・施工保証
・損害保険の名義変更
などなど・・・

売主様に記載していただく書類もありますので
売買する際に同時進行しないといけません。

・設備認定
経済産業省へ変更手続き
設備IDやパスワードがあればネットでも申請可能です。
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/fit_change.html

・売電契約
電力へ問い合わせて書類を取り寄せます。

・メーカー保証
通常は設置した業者で変更してもらいます。

・施工保証
こちらも設置した業者へ連絡します。

・損害保険
保険会社へ連絡して変更してもらいます。
メーカー保証の変更をした場合、勝手に変更になることも。。。
確認が必要です。

他にも補助金を利用して設置した場合にも手続きが必要です(売主様)

意外と手続きが多い太陽光設備。。。

少し前に売買した建物で変更手続きをしましたが、書類の多いこと。。。

近年ではオール電化の建物も増えてきているので
もう少し簡単になったらいいなと感じました(笑)
 
電気の民営化もどんどん浸透していくでしょうし、
今後電気の売電も何かしら影響がありそうです。

 
では!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る