物件購入時の流れ

今回は不動産購入時の流れです!
不動産と言えば人生の中でも一番と言っていいほど大きな買い物になります。

不動産購入時の流れ

1、希望条件を整理

ご家族で希望の地域、広さ、間取り、入居時期など、ある程度希望条件をまとめておきましょう。


2、予算を決めましょう

希望地域のおおまかな相場を調べ、銀行から融資を受ける場合は先に借入可能額の確認をしましょう。
可能であれば、仮審査をしておきましょう。

 

3、物件、不動産会社を探しましょう

物件を探すには情報を得る必要があります。
情報収集の方法としては、情報誌、ポータルサイト、不動産会社へ依頼などがあります。
情報誌、ポータルサイトは日常的にチェックする必要がありますし、問い合わせしたりなど、自らが動かなければいけません。
不動産会社への依頼は、媒介契約を交わし、ヒアリングした上で希望の物件がございましたら、ご紹介するという流れになります。

 

4、現地を見学

気に入った物件が見つかりましたら、実際に現地を見学に行きます。
周辺環境、間取り、設備、購入条件などを確認します。

5、不動産会社に仲介を依頼

不動産会社へ正式な依頼をする場合は、【媒介契約】を交わします。
媒介契約書には対象の不動産、不動産業務のサービス内容、
不動産会社への仲介手数料などが記載されております。
この媒介契約は、購入する不動産を決める前にも締結できます。

6、資金計画を立てる

物件を探しながら、資金計画を具体化していきましょう。
物件購入時には他に諸経費が必要になってきます。

具体的には、銀行の諸費用、火災保険への加入、不動産会社への仲介手数料、
取得後には不動産取得税などもかかってきます。

自己資金と借入する金額、借入した場合の毎月の返済金額など、具体的に資金の計画を立てましょう。
物件が決まれば、銀行、不動産会社へ諸費用がどれくらいかかるか確認しましょう!

 

7、購入の申し込み

購入したい物件と希望条件が合致したら、不動産会社を通して購入の申し込みとなります。
申し込みは書面で行うのが一般的です。

8、契約

購入の申し込み後、契約となりますが、契約前に【重要事項説明】という物件に対する説明を
不動産会社の宅地建物取引士から受けます。
重要事項説明を受けて内容を確認して納得していただけましたら、その後【売買契約】となります。
売買契約書には契約の内容が記載されております。
契約時に手付金として、通常であれば、物件価格の10%~20%ほどの契約金を売主様に対して支払います。
契約内容は重要ですから、内容をしっかり確認しましょう。

 

9、住宅ローンの本申込み

売買契約後に銀行へ本申込みとなります。金融機関の審査、保証会社への審査後に融資の承認を待ちます。


10、残代金お支払いと引き渡し

銀行より承認がおりましたら、残代金をお支払いし、不動産の引き渡しです。
残金をお支払い後、不動産の登記を買主様へ移転するために手続きをします。
その後、引っ越しをしてご入居という流れになります。

以上が、物件購入の流れとなります。

弊社は貴方のお住まい探しをサポート致します。

不動産でご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る